リピ飯情報決定版!

パーツ

カニの産地いろいろ

カニは、日本全国でとれるものもありますが、種類によってはごく一部の地域でしかとれないものがあります。
地域的に見て、いちばんカニが多く取れるのは北海道といわれています。
花咲カニ、タラバガニ、毛ガニ、アブラカニ…などいろいろな種類があります。
どれも北の海で育まれたおいしいものです。
これとは違い、ズワイガニは、日本海側でとれます。
紅ズワイガニになると、日本海全域、太平洋沿岸でとれます。
名前は似ていますが、まったく同じカニではありませんので、注意しましょう。

一口にカニといっても種類によって産地は様々なんです。

【特集】有機野菜の魅力

ここ最近、有機野菜に注目が集まっています。 以前は有機野菜というと一部の環境に関心の高い方が愛好するものでしたが、最近は幅広い層の方々の支持を集めています。
その要因としては、明らかにここ数年の食の安全への不信があります。
しかし、それだけではなく、食べてみたら
「実際にすごく美味しい」
という理由で有機野菜を宅配してもらってる人達も多いのです。
現在、様々な食材宅配サービスがしのぎをけずっています。

美味しくて新鮮な野菜を届けてくれるので、スーパーなどで買って重い思いをして運んでくる必要がないのも魅力となっているようです。

カニを釣り上げて食べた思い出

食べ物の中でも特においしいのがカニです。
カニは茹でてそのまま食べてもおいしいですし、色々なお料理に使うこともできます。
カニというとお店で購入するのが一般的ですが、私が小さいころには浜に行ってカニを釣り上げてくることもありました。
夜、釣竿と餌を持ち、家族そろって近くの浜まで出かけ、カニが餌にかかるのをひたすら待つのです。
カニがかかるまでにはかなりの時間がかかるため退屈するのですが、その代わり運がいいと大量のカニをゲットすることができます。
私たちが釣り上げたカニはヒラガニがほとんどでした。
ヒラガニは身も小さく食べる部分も少ないのですが、身が柔らかく独特のおいしさがあります。
大量のヒラガニを家に持ち帰ったらその足で塩茹でにするのです。
自分たちが釣り上げたという高揚感と、茹でるうちに徐々に赤く染まっていくヒラガニを見つめていくうちにとても幸せな気持ちになるのです。
ただ最近ではカニを釣りに行ってもほとんどかかることがないため、少しさびしい気持ちがしています。

記事一覧

パーツ
This template made by
素材屋